野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 前田健太、7回途中4失点で降板 イチローとの初対決制すも4勝目ならず

前田健太、7回途中4失点で降板 イチローとの初対決制すも4勝目ならず

今季4勝目を目指して本拠地でのマーリンズ戦に先発した前田健太投手は、7回2死から同点に追いつかれたところで、一、二塁に逆転の走者を残したまま降板した。

20160429_maeda

7回2死まで好投見せるも…

 今季4勝目を目指して本拠地でのマーリンズ戦に先発した前田健太投手は、7回2死から同点に追いつかれたところで、一、二塁に逆転の走者を残したまま降板した。2番手バエツが適時打とボークで走者をすべて返し、前田は6回2/3を投げて7安打5奪三振1四球で4失点(自責4)となった。防御率はこれで1.41となった。

 28日(日本時間29日のマーリンズ戦。この日も安定感ある投球を見せた前田だが、2点リードの2回1死からマーリンズのイチローを3球三振に斬った直後、7番リアルミュートに初球外角速球を右翼席にソロ弾とされた。2試合ぶりの失点は、今季わずか2失点目。その後は、5回を除き毎回走者を背負うも6回までは二塁を踏ませず。抜群の制球力に加え、要所でのカーブで緩急をつけた配球で追加点を許さなかった。

 1点リードで迎えた7回は1死から、この日初の連打を許して一、二塁。代打ディートリッチを見逃し三振として2死目を奪うも、1番ゴードンに初球速球をレフトへの適時打とされ、同点に追いつかれた。なおも2死一、二塁としたところで、ロバーツ監督が動き、メジャー最多101球を投げてマウンドを降りた。

 注目のイチロー選手との初対決は、空振り三振、三塁フライ、遊撃フライで、前田に軍配が上がった。

 ナ・リーグ西地区首位を守るドジャースだが、最近は3連敗中とやや不調。そんなチームを盛り上げる投球内容だったが、最後まで踏ん張りきれなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング