野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神岩貞、同期・陽川プロ1号に「投げていること忘れるくらい嬉しかった」

阪神岩貞、同期・陽川プロ1号に「投げていること忘れるくらい嬉しかった」

阪神の3年目・岩貞祐太投手が29日のDeNA戦(甲子園)で先発。6回4安打8奪三振1失点で2勝目を挙げた。

20160212_阪神

6回1失点で2勝目、陽川が逆転2ランで援護

 阪神の3年目・岩貞祐太投手が29日のDeNA戦(甲子園)で先発。6回4安打8奪三振1失点で2勝目を挙げた。

 4回2死から自身のエラーなどで一、二塁とされ、戸柱の右前安打で先取点を献上。それでも、13年ドラフト1位左腕は同期入団のスラッガーの一発に奮い立った。5回に、陽川がプロ1号となる逆転2ラン。6回無死三塁のピンチを招いたものの、井手を浅い中飛、倉本、飛雄馬を2者連続空振り三振に仕留めた。

 お立ち台には陽川と共に上がった。岩貞は「(陽川の本塁打に)自分が投げていることを忘れるくらい嬉しかった。ファンの方と同じように純粋に嬉しかったです」と声を弾ませた。

 熊本・熊本市出身。「(熊本地震で)つらい思いをしている中で自分が出来ることは限られている。これからも支援しながら、野球を頑張っていきたいです」と力を込めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング