野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

増える訪日外国人、観光客を球場に呼び込めるか 西武が推し進める戦略とは

今月24日、西武プリンスドームで「台湾デー」が開催された。「台湾デー」の開催は昨年に続き2回目。

台湾に「アピール」進める西武、「台湾デー」も盛況

 今月24日、西武プリンスドームで「台湾デー」が開催された。「台湾デー」の開催は昨年に続き2回目。ライオンズには、郭俊麟投手に加え、今年から加入したC.C.リー投手、呉念庭選手と3名の台湾出身選手が在籍していることもあり、台湾からの来場客の呼び込みに力を入れている。

 スタジアムには、台湾出身3選手がデザインされたパネルと一緒に写真が撮れるフォトブースが設置され、パネルの前で写真撮影をするファンの姿も多く見られた。また、台湾グルメを販売するワゴンには行列ができ、売り切れが相次ぐなど大盛況で、多くのファンが台湾ムードを味わっていた。台湾のプロチームや、台湾代表のユニフォームを着たファンの姿も見られ、球場は台湾ムード一色の1日になった。

 ライオンズはいつから台湾へのプロモーションに力を入れているのだろうか。西武ライオンズ事業部マネージャーの市川徹さんに聞いた。

「政府のクールジャパンの推進によりインバウンドの熱が非常に熱くなり、昨年、西武ホールディングスが台湾鉄道と友好協定を結び、グループとしても力を入れ始めました。ライオンズには、郭俊麟投手が加入したこともあり、これらが重なったことがきっかけになりました。見ていると中国語がたくさん聞こえてくるので、台湾からの来場客も増えているかなと感じます」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中