野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム陽岱鋼が“無回転タイムリー”!? センター正面の打球が急激に左方向へ

日ハム陽岱鋼が“無回転タイムリー”!? センター正面の打球が急激に左方向へ

日本ハムの陽岱鋼外野手が1日のロッテ戦(QVCマリン)で、“無回転タイムリー”を放った。

full-count18

打球が中堅フェンスまで到達する適時三塁打に

 日本ハムの陽岱鋼外野手が1日のロッテ戦(QVCマリン)で、“無回転タイムリー”を放った。

 中田の先制打直後の初回2死二塁。フルカウントからの10球目。大嶺の高めフォークを逃さず反応。打球は中堅・岡田の正面の打球だったが、空気抵抗を受けて急激に左翼方向へ切れていった。ダイビングキャッチを試みた名手でも届かず、ボールは中堅フェンスまで転々。適時三塁打となった。

 29日のロッテ戦で4安打をマークし、30日から5番でスタメン起用されている。栗山監督の期待に応えるタイムリーとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング