野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 燕ドラ1原、プロ初勝利&初安打初打点で初決勝打 山田連発トップタイ10号

燕ドラ1原、プロ初勝利&初安打初打点で初決勝打 山田連発トップタイ10号

ヤクルトのドラフト1位ルーキー原樹理投手が1日の本拠地巨人戦でプロ初勝利を挙げた。打線も山田が2打席連続の本塁打を含む猛打賞を記録するなど2桁安打で11-2と完勝。4連勝となった。巨人は広島に首位の座を奪われ、2位に転落した。

東京ヤクルト神宮

先発全員安打で巨人に快勝&4連勝、巨人は首位陥落

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー原樹理投手が1日の本拠地巨人戦でプロ初勝利を挙げた。打線も山田が2打席連続の本塁打を含む猛打賞を記録するなど2桁安打で11-2と完勝。4連勝となった。巨人は広島に首位の座を奪われ、2位に転落した。

 原は初回、二塁打と2四球で2死満塁のピンチを招き、亀井の2点適時打で先制を許す。しかし2回、中村の犠飛で1点を返すと2死一、三塁の場面で原が左中間へ2点二塁打を放ち逆転に成功。ドラ1右腕はこれがプロ初安打初打点。自らのバットで試合をひっくり返した。

 ヤクルトはさらに3回に山田が9号ソロ、5回にもリーグトップタイの10号2ランと2打席連発でリードを4点に広げると、7回にはバレンティンがダメ押しの7号3ランを放った。8回にも川端に2点タイムリーが飛び出し、先発全員安打で快勝した。

 原は6回まで5安打2失点の力投を見せ、プロ6試合目の登板で初勝利(2敗)。一方、巨人先発の高木勇は5回5安打6失点と乱れ、チームは首位陥落となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング