野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島エルド代打逆転弾&首位、燕ドラ1原樹初勝利、巨人2位転落…1日プロ野球

広島エルド代打逆転弾&首位、燕ドラ1原樹初勝利、巨人2位転落…1日プロ野球

プロ野球は1日、各地で6試合が行われた。

ヤクルト山田2発&4連勝、日ハム大谷は完投で初勝利、ホークス武田3勝目

 プロ野球は1日、各地で6試合が行われた。

 セ・リーグではヤクルトが全員安打の猛攻で巨人を下し、4連勝をマークした。ドラフト1位ルーキー原樹が6回2失点でプロ初勝利。自ら決勝の二塁打も放ち、プロ初安打初打点となった。山田が2打席連発でリーグトップタイの10号。巨人は先発の高木が5回6失点と崩れ、首位陥落となった。

 阪神は先発の能見がDeNA打線に7回途中で6失点を喫したが、打線が7回に5点を奪って追いつくと、8回に大和が勝ち越し打を放って競り勝った。ドラフト6位の板山が1番抜擢に応えて3回にプロ初安打初打点。3番手のドリスが1回無失点で来日初勝利となった。

 広島は中日に一時5点リードを許したが、5回に6連打で6点を奪い逆転。エルドレッドが代打でリーグトップタイ10号の逆転3ランを放ち、これが決勝点となった。広島は3試合連続2桁安打で3連勝。貯金を今季最多の5とし、首位に浮上。中日は3連敗となった。

 パ・リーグでは日本ハムの大谷が今季初勝利。5点リードの2回にロッテに4点を奪われたが、その後は立ち直り、9回4安打10奪三振4失点で完投勝利を挙げた。打線は浅間とレアードが猛打賞の活躍を見せ、12安打で9得点。ロッテの連勝は4で止まった。

 オリックスはT-岡田が4回の先制二塁打に続き、1-1の6回に勝ち越しの1号ソロ。再び追いつかれた8回には安達が決勝の2点適時打を放った。オリックスはこれで2連勝。楽天は2連敗となった。

 ソフトバンクは中村晃と長谷川がそれぞれ1本塁打を含む2安打3打点の活躍で西武に快勝。先発の武田が8回途中2失点で3勝目。2番手のスアレスも好救援を見せ、勝利に貢献した。西武は中村が3号ソロ、メヒアが両リーグトップの11号ソロを放った。

【セ・リーグ】
◇ヤクルト 11-2 巨人(神宮)
勝 原樹(1勝2敗)
敗 高木(2勝2敗)
HR【ヤ】山田9号、10号、バレンティン7号

◇阪神 7-6 DeNA(甲子園)
勝 ドリス(1勝0敗)
敗 須田(1勝2敗)
S マテオ(7セーブ)

◇広島 10-7 中日(マツダスタジアム)
勝 戸田(1勝0敗)
敗 ネイラー(1勝2敗)
HR【広】エルドレッド10号、丸6号

【パ・リーグ】
◇ロッテ 4-9 日本ハム(QVCマリン)
勝 大谷(1勝2敗)
敗 大嶺祐(1勝2敗)

◇オリックス 4-2 楽天(京セラドーム大阪)
勝 塚原(2勝1敗)
敗 青山(0勝2敗)
S 平野(5セーブ)
HR【オ】T-岡田1号

◇ソフトバンク 6-3 西武(ヤフオクドーム)
勝 武田(3勝1敗)
敗 郭(0勝1敗)
HR【西】メヒア11号、中村3号、【ソ】中村晃1号、長谷川3号

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中