野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 首位浮上の広島、打率&HR&得点1位 打線牽引のエルド好調の要因明かす

首位浮上の広島、打率&HR&得点1位 打線牽引のエルド好調の要因明かす

1日の中日戦で、広島のエルドレッドが代打で決勝3ランを放った。リーグトップとなる10号は、劣勢の展開を一気に引っ繰り返す大きな一打となった。

足に不安も決勝3ラン「準備はできていた」

 1日の中日戦で、広島のエルドレッドが代打で決勝3ランを放った。リーグトップとなる10号は、劣勢の展開を一気に引っ繰り返す大きな一打となった。

 試合前、緒方監督は足の不安で、エルドレッドをスタメンから外すことを公言していた。「今年の春のキャンプから痛みが出ている」という症状で、緒方監督は「なるべく長く守らせないようにとか、開幕から色々考えながら使っている」と、起用法を明かした。

 先発した福井の乱調で、5回までに4点のリードを許す苦しい展開だった。それでも5回裏、2死走者なしから新井、松山の連続ヒットから鈴木、安倍のタイムリーで1点差に追い上げた。會澤のヒットで2死一、三塁となり、代打で登場したエルドレッドは、ネイラーの高めのストレートを左中間スタンドに放り込んだ。

 エルドレッドは「代打は以前も経験があるし、準備はできていた。ネイラーの投球もベンチで見ていて、球の動きなどは確認していたよ」と、殊勲の一発を振り返った。さらに「ランナーが得点圏にいる時のホームランはもちろん嬉しいけど、それよりも、みんながつないでくれたチャンスで打てたことの方が嬉しいよ」と笑った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中