野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元阪神助っ人がイチローとの衝撃エピソード披露 バット無断使用、結末は…

元阪神助っ人がイチローとの衝撃エピソード披露 バット無断使用、結末は…

2001年に阪神でプレーしたエドゥアルド・ペレス元内野手は、現役引退後の2011年にはマーリンズの打撃コーチを務め、現在は地元テレビ局「フォックス・フロリダ」で解説者を務めている。そんなペレス氏が、イチローとの衝撃のエピソードを披露している。

20160503_ichiro2

元同僚が明かした逸話、「彼はすごく立腹していた」!?

 メジャー16年目のシーズンを戦っているマーリンズのイチロー外野手。最年長野手は今季打率3割1分4厘と限られた出場機会で活躍し、メジャー史上30人目の通算3000安打まで54本と迫っている。現役引退後の有資格1年目でメジャー殿堂入りすることも確実と評されているレジェンドはこれまで数々の伝説を残してきた。

侍ジャパン女子代表、オーストラリアに快勝で決勝進出 下位打線が貴重な働き(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2001年に阪神でプレーしたエドゥアルド・ペレス元内野手もイチローと縁のある人物の一人だ。メジャー殿堂入りを果たしたトニー・ペレス元内野手を父に持つ同氏は2006年シーズンにマリナーズに所属し、イチローとプレーした経験を持つ。現役引退後の2011年にはマーリンズの打撃コーチを務め、現在は地元テレビ局「フォックス・フロリダ」で解説者を務めている。

 そんなペレス氏がイチローとの衝撃のエピソードを披露している。

 1日(日本時間2日)に行われたブルワーズ-マーリンズの一戦。試合を中継した同局の解説を務めた同氏は「フォックス・フロリダ」の実況に「今はイチローのバットの物語を紹介するいいタイミングです」と促され、こう話し始めた。

人気記事ランキング