野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 日ハム陽岱鋼が会心の“トリックプレー” 今季初登板の斎藤佑を助ける

日ハム陽岱鋼が会心の“トリックプレー” 今季初登板の斎藤佑を助ける

日本ハムの陽岱鋼外野手が5日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で会心の“トリックプレー”。今季初登板の斎藤佑樹投手を大きく助けた。

日本ハム

フェンス直撃の飛球に1度は捕球体勢、走者は中飛と勘違い

 日本ハムの陽岱鋼外野手が5日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で会心の“トリックプレー”。今季初登板の斎藤佑樹投手を大きく助けた。

 斎藤がマウンドに上がった7回1死一塁。鶴岡の打球は自身の後方を襲った。フェンス手前まで全力で追いかけた陽岱鋼は1度捕球体勢に。打球は中堅フェンスへ直撃したが、中飛と勘違いした一塁走者・中村は何とか二塁へ進むのがやっとだった。

 トリックプレーが決まらなければ、中村の生還も考えられた。結局、この回は無失点。斎藤を守備でもり立てた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング