野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 前田健太、強力打線に6回2安打2失点の好投も4勝目ならず ド軍は連敗

前田健太、強力打線に6回2安打2失点の好投も4勝目ならず ド軍は連敗

6日(日本時間7日)の敵地ブルージェイズ戦に先発したドジャース前田健太投手は、6回を投げて2安打2失点(自責2)と好投したが、勝敗はつかなかった。

20160407_maeda4

6回に痛恨被弾

 6日(日本時間7日)の敵地ブルージェイズ戦に先発したドジャース前田健太投手は、6回を投げて2安打2失点(自責2)と好投したが、勝敗はつかなかった。

 DH制が採用される交流戦で、メジャー移籍後初登板した前田は、強打者が居並ぶブルージェイズ打線を相手に、序盤から慎重な攻めを見せた。得意のスライダーに緩急をつけながら、相手打線を翻弄。5回終了まで3四球を与えながらも被安打1と快投を繰り広げた。

 相手先発ストローマンも前田に負けじとドジャース打線を封じ、試合は0-0のまま6回を迎えた。

 前田は6回1死で迎えたドナルドソンに対し、フルカウントから四球を与えてしまう。続くバティスタにはスライダーとツーシームを駆使して、やはりフルカウントまで追い込むが、6球目外角スライダーを強振され、6号先制2ランとして左翼席にたたき込まれた。この日許した安打はわずか2本だけだったが、バティスタの2ラン、そして直前に与えたドナルドソンに対する2個目の四球が大きく響いた。

 だが、メジャー移籍後最多となる102球で6回を締めくくった前田を打線がバックアップする。直後の攻撃で、同じく快投を続けていたストローマンを捕まえた打線は、すぐさま2点を奪って同点。前田は同点のまま、7回のマウンドを2番手コールマンに譲った。

 試合は8回にドジャース4番手ブラントンが、ピラーに勝ち越しの3ランを浴び、2-5で敗れた。ドジャースはこれで2連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング