野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュが2度目のリハビリ登板 3回50球で1失点

レンジャーズのダルビッシュ有投手が6日(日本時間7日)、傘下3Aラウンドロックのニューオーリズ戦に先発し、3回を投げて2安打3奪三振1四球で1失点(自責1)だった。

レンジャーズ

3Aラウンドロックで登板

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が6日(日本時間7日)、傘下3Aラウンドロックのニューオーリズ戦に先発し、3回を投げて2安打3奪三振1四球で1失点(自責1)だった。

 右肘靱帯再建手術からの復帰を目指すダルビッシュは、この日2度目のリハビリ登板に先発。初回はメジャー経験者のアンディーノ、ケリーを迎えながらも、わずか12球で3者凡退とした。

 味方打線が2点を奪った直後の2回。2死からギャロウェイに左翼への安打を許すと、続く元同僚テリスの打席で二盗され、2死二塁。そのテリスを追い込みながらも右翼に二塁打され、1点を失った。

 マウンドに戻った3回は、再び3者凡退に斬り、50球(30ストライク)で降板した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング