野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・新井、2安打3打点の活躍 第1打席3球三振で「自分に腹が立っていた」

広島・新井、2安打3打点の活躍 第1打席3球三振で「自分に腹が立っていた」

7日のDeNA戦で、広島の新井が2安打3打点の活躍で10-4の勝利に貢献した。

20160319_arai

7回満塁では走者一掃の三塁打

 7日のDeNA戦で、広島の新井が2安打3打点の活躍で10-4の勝利に貢献した。

「1打席目に見逃しで3球三振していたので、自分自身に腹が立っていた」という新井は、5回に追加点につながるセンター前ヒットを放つと、7回の満塁の場面ではルーキーの野川から、走者一掃となるだめ押しの三塁打を放った。

「追加点が欲しい場面だったので、集中して打席に入った。(野川は)対戦したことがない投手だったので、しっかり引きつけて打とうと思った」という当たりは、ライト線をライナーで抜ける強烈な一打となった。

「点が入ってよかった」と安堵の表情を見せた新井は、「明日は明日、また新しい日なので、集中してやりたい」と、すぐに気持ちを切り替えていた。

 4月26日に通算2000安打を達成して以降、スタメンから外れる試合もあり、安打のペースもやや落ちていた4番だが、2試合連続マルチ安打と、4番として再加速の兆しが見えてきた。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング