野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武金子侑が日ハム大谷から勝ち越し打 岡田もタイムリーで2点リードに

西武金子侑が日ハム大谷から勝ち越し打 岡田もタイムリーで2点リードに

西武の金子侑司内野手が8日の日本ハム戦(西武プリンスドーム)で、大谷翔平投手から勝ち越しタイムリーを放った。

full-count18

金子侑は左中間への適時三塁打

 西武の金子侑司内野手が8日の日本ハム戦(西武プリンスドーム)で、大谷翔平投手から勝ち越しタイムリーを放った。

 同点の6回2死二塁。1ボール2ストライクと追い込まれたが、大谷の外角高め154キロ直球をコンパクトに振り抜いた。前進守備の外野の間を抜く左中間適時三塁打だ。

 続く2死三塁では、岡田将利捕手が高めスライダーを逃さず、中前適時打。金子侑、岡田の伏兵がコンパクトな打撃を見せ、大谷から2点リードを奪った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング