野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中日が巨人3タテで今季初の首位浮上 堂上6打点の大爆発&今季最多17安打

中日が巨人3タテで今季初の首位浮上 堂上6打点の大爆発&今季最多17安打

中日が8日、敵地での巨人に11-4で快勝し、ゲーム差なしの首位に浮上した。今季初登板初先発のバルデスが6回5安打2失点の好投で初勝利。

広島が敗れてゲーム差なしの首位に、バルデス今季初勝利で巨人に3連勝

 中日が8日、敵地での巨人に11-4で快勝し、ゲーム差なしの首位に浮上した。今季初登板初先発のバルデスが6回5安打2失点の好投で初勝利。打っては堂上直倫内野手が先制ソロを含む3安打6打点と大暴れした。今季最多17安打で巨人に敵地で3連勝。1位の広島も敗れたため、勝率で上回って今季初の首位に浮上した。

 中日は2回、堂上が巨人先発・高木から先制ホームランを左翼スタンドへ叩き込んだ。一方、先発のバルデスは4回まで巨人の攻撃を3人で終わらせる好投。走者を出しながら、2併殺を奪うなど、持ち味を見せた。

 5回、中日はバルデスのライト前ヒット、大島のツーベースで1死二、三塁の好機を作る。ここで荒木がライトへタイムリー。続く平田の犠飛で3点目を奪った。

 バルデスが5回も3者凡退に抑えると、中日は6回に無死二、三塁として、堂上がレフトへ2点タイムリー。高木をKOした。

 その裏、バルデスは無死二塁で片岡に2ランを浴びる。さらに、2死一、三塁とピンチを背負うが、ここでギャレットを空振り三振。3点のリードを守った。

 すると、7回には2死満塁の好機で堂上がマシソンから右中間を破る走者一掃の3点二塁打。この日6打点の活躍で、8-2と再びリードを大きく広げた。

 中日は8回に平田の3ランでさらに追加点。ピッチャーは7回から又吉、田島、金子とつなぎ、巨人に快勝した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中