野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、最悪10安打浴び3敗目 栗山監督は“激怒”「技術不足。以上!」

日ハム大谷、最悪10安打浴び3敗目 栗山監督は“激怒”「技術不足。以上!」

日本ハムの栗山英樹監督が8日、西武戦(西武プリンスドーム)で3敗目を喫した大谷翔平投手に“激怒”した。

20160508_kuriyama

自己ワーストタイ10安打で4失点の右腕に指揮官が珍しく声荒げる

 日本ハムの栗山英樹監督が8日、西武戦(西武プリンスドーム)で3敗目を喫した大谷翔平投手に“激怒”した。

 大谷は自己ワーストタイ10安打を浴び、今季ワーストタイ4失点。6回KOは今季最短タイだった。屈辱の投球となった剛腕に、試合後の栗山監督は珍しく声を荒げた。

「単純に大事なところで、あれだけ打ちやすいところに投げているということ。技術不足。しっかりやる。以上!」

 2点先制した直後の4回先頭でメヒアに右越えソロを被弾。メヒアには5回2死一、二塁でも同点の中前適時打を許した。同点の6回2死二塁では金子侑に勝ち越し適時三塁打を献上。続く岡田には中前適時打を浴びた。いずれも甘く入った球を痛打された。

人気記事ランキング