野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 「必ず同じ球が来ると待っていた」 ロッテ角中、冷静な読みで逆転三塁打

「必ず同じ球が来ると待っていた」 ロッテ角中、冷静な読みで逆転三塁打

冷静な読みがさえた。ロッテの角中勝也外野手が、8日のオリックス戦の8回に西から右翼フェンス直撃の逆転三塁打を放ち、劣勢のチームを救った。

8回に劣勢のチーム救う決勝打、伊東監督「最後にうっちゃって勝った」

 冷静な読みがさえた。ロッテの角中勝也外野手が、8日のオリックス戦の8回に西から右翼フェンス直撃の逆転三塁打を放ち、劣勢のチームを救った。チームは4-3で勝利。試合後、伊東監督は「土俵際まで押し込まれ、最後にうっちゃって勝ったような試合」と振り返った。

 先発の大嶺祐が2回3失点と早々にKOされたが、2回に田村のセーフティスクイズなどで1点差として、3回以降は南、藤岡、益田と再三のピンチをリリーフ陣がしのいだ。

 8回先頭の中村が歩き、2死からデスパイネが敬遠気味に歩かされた一、二塁で、角中が読み通りの西の内角145キロ直球を完璧にとらえた。4回に同じ145キロの内角への速球に見逃し三振を喫したが「低いと思って見逃しただけ。今日の西の変化球ならカットできる。(勝負所で)必ず同じ球が来ると待っていた」という。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中