野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 本塁打が単打に…まさかの珍事に米解説者も困惑「こんなの見たことない」

本塁打が単打に…まさかの珍事に米解説者も困惑「こんなの見たことない」

本塁打を放ったはずが、帰塁しようとした一塁走者を追い抜いたことでアウトとなり、単打でのタイムリーに判定が変更されるという珍事が発生。地元解説者は「こんなの見たことがない」と絶句している。

本塁打のはずが、帰塁の一塁走者を走者を追い越しアウトとなる“悲劇”

 イチロー外野手の所属するマーリンズは9日(日本時間10日)、本拠地でのブルワーズ戦に4-1で勝利した。2回にはJ・T・リアルミュート捕手がセンター左に飛び込む今季第3号を放ったはずが、帰塁しようとした一塁走者のマルセル・オズナ外野手を追い抜いたことでアウトとなり、単打でのタイムリーに判定が変更されるという珍事が発生。地元解説者は「こんなの見たことがない」と絶句している。

侍ジャパンU-15、左腕・及川がキューバ打線を7回零封 「いい投球ができた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 0-0の2回、1死一塁の場面で打席に入ったリアルミュートは、相手先発右腕ペラルタの2球目を完璧に捉え、センター左へと運んだ。フェンスオーバーで先制2ラン…となるはずだったが、この後に“悲劇”が起きた。

 リアルミュートが一塁を回ると、一、二塁間で打球を確認していたランナーのオズナは、深い打球にタッチアップしようとしたのか、ダッシュで一塁に帰塁。一方、リアルミュートも打球の行方を目で追っていたため、オズナの帰塁に気づかず、一塁を回ったところで追い抜く形となってしまった。

 打球がフェンスを越えたことを確認したオズナはその後、慌てて二塁へと走りだした。一方、オズナを追い抜いたことに気がついたリアルミュートは呆然とした後、オズナの後を追って走りだし、2人は次々とホームインした。

 マーリンズ・パークの観衆が歓喜に沸く中、地元テレビ局「FOXフロリダ」の実況は珍事に興奮気味だった。

「リアルミュートは一塁に向かいました。オズナは一塁に戻ってきました。彼が抜いてしまったか見てみましょう。うーん、これはギリギリですね。ブルワーズはリプレーを見てます」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中