野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、8連勝も和田の代え時を反省「見極めるのがボクらの仕事」

試合後、工藤公康監督は「あれが非常に大きかった」と、まずは今宮の先制弾を褒めた。和田については「うまく狙い球を外した立ち上がりだった」と言いながらも、自らの代え時の判断について反省の弁を述べた。

20160315_kudoh

先制本塁打の今宮に「全打席HR狙っていけと言った」

 11日のソフトバンク-ロッテ(ヤフオクドーム)は、9-5でソフトバンクが連勝。今宮健太が先制の1号本塁打を含む3打点、長谷川勇也が5号3ランを含む4打点の活躍。先発の和田毅は、8回5失点で4勝目を挙げるも、8回に3被弾するなど後味の悪い白星となった。

 試合後、工藤公康監督は「あれが非常に大きかった」と、まずは今宮の先制弾を褒めた。

「そのあと四球とヒットでつないで長谷川くんのところで相手にとってダメージが残るホームラン。初回は見事な攻撃だったね。今宮くんには『全打席ホームランを狙ってこい』と言っていたんだ。あっち(レフト)方向の方が、フォームもきれいだし、強い打球が打てる。逆方向に打とうとすると体が浮き上がっていたから、無理やり逆方向にもっていかない方がいいのかな、と。和田くんのヤフオクドームの初勝利もあって、みんな勝たせてあげたいというのはあったと思う」

人気記事ランキング