野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク工藤監督、8連勝でストップも…「いつか止まる」とサバサバ

試合後の工藤公康監督は、サバサバとした表情で、先発の東浜について語り始めた。

8回2失点の東浜に「まだまだ鍛えて成長を見せてほしい」

 ソフトバンクの連勝が今回も「8」で止まった。ロッテとの首位攻防第3戦は2-3の惜敗。先発の東浜巨が初回にデスパイネに2試合連続となる2ランを浴びるも、2回から8回までは打者3人ずつ(1併殺を含む)で打ち取るほぼ完璧な投球。9回にマウンドに上がったスアレスが清田育宏に決勝打を浴びて来日初黒星。打撃陣は、内川聖一が本塁打を含む2打点を上げたが、2回裏と9回裏の満塁のチャンスを生かせなかった。

 試合後の工藤公康監督は、サバサバとした表情で、先発の東浜について語り始めた。

「球数的にそんなにいっていないのにボールも弱くなっていた。コントロールしようとすると腕(の振り)がゆるんだりして、スタミナ面もまだ課題かな。まだまだ鍛えて、次の登板でさらに成長を見せてほしいね。

 ただ、最初のホームランだけだし、いい仕事はしてくれた。失投は誰にでもある。彼のシンカーは外国人選手には有効だし、その精度を上げたり、(本塁打を)打たれたカーブの精度を上げていって、ここというところで使えるようにしてくれたらいい」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中