野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム栗山監督、巻き返しへ手応え 主砲中田は負傷も「4番は外れない」

日ハム栗山監督、巻き返しへ手応え 主砲中田は負傷も「4番は外れない」

日本ハムの栗山英樹監督が、13日の西武戦(札幌ドーム)で今後の巻き返しへ手応えをつかんだ。

20160508_kuriyama

サヨナラ勝ちで初3連勝&貯金1、若手活躍「チーム内競争はチームとしては理想」

 日本ハムの栗山英樹監督が、13日の西武戦(札幌ドーム)で今後の巻き返しへ手応えをつかんだ。

 1点差の9回に先頭・西川がショート金子侑の悪送球で出塁。続く中島の送りバントを抑えの増田がエラーし、陽岱鋼の送りバントで1死二、二塁とすると、19歳の浅間の右前タイムリーで同点。さらに、田中賢の四球などで2死満塁とし、最後は近藤のプロ初のサヨナラタイムリーで試合を決めた。

 5回には中島の左前安打から高橋光の一塁牽制悪送球と炭谷の三塁悪送球で1点を先制。4つのエラーに助けられ、今季3度目のサヨナラ勝ち&初の3連勝。初の貯金1となったが、栗山監督には今後へ手応えをつかむ勝利となったとい う。そのワケとは…。

――9回は先頭・大野に代打・西川を送り、浅間が同点打を放った。

「(西川は)ランナーに出た時でも足がある。(浅間は)状態をキープしているのは分かっていた。(浅間のスタメンは5試合ぶり。腰痛で)キャンプをやっていないし、疲れを取らないといけなかった。ちょっと間が空いたけど、状態よくやってくれた。がむしゃらに誰にも負けない強い気持ちでやってくれている。チーム内競争は、チームとしては理想。素晴らしかったと思います」

――最後は近藤が決めた。プロ初のサヨナラ打だった。

「ああいう場面では選手の本質が出る。近ちゃんの良さが出た。本当に良かったと思います」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中