野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

サブローからは「もっと長く」のリクエスト ロッテ名物アナウンス誕生秘話

透き通る声で語尾が伸びる独特のスタジアムアナウンス。ロッテのアナウンスは、QVCマリンフィールドの名物にもなっている。

野球に携わる仕事がしたい―、独学で学んだ場内アナウンス

 透き通る声で語尾が伸びる独特のスタジアムアナウンス。ロッテのアナウンスは、QVCマリンフィールドの名物にもなっている。スタジアムアナウンサーを務める谷保恵美さんは、どのような経緯でアナウンスの仕事をはじめ、今のスタイルにたどり着いたのだろうか。

【森脇浩司の目】U12侍Jに見る日本野球の成長 育成年代に必要な取り組みとは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球が好きだった谷保さんは、高校・大学と野球部のマネージャーだった。そして大学のリーグ戦で初めて、アナウンスの仕事をする。

「大学卒業後も野球に携わる仕事がしたいと思っていましたが、当時は男性が多い世界で、女性が活躍している仕事はスタジアムアナウンスくらいしかありませんでした。それでも、野球が好きだし、声を出すことも好きなので、いろいろなところに電話をかけて、仕事があるかを問い合わせました」

 そして、当時のロッテオリオンズでの仕事が決まり、北海道から上京する。入社して最初の2年間は経理の仕事を担当。そのあと、2軍の場内アナウンスを経て、1軍の試合で場内アナウンスをするようになった。

「他の球場では先輩に教えてもらいますが、私の場合は長く担当していた先輩が辞めた後だったので、独学で学びました。仕事が終わった後に、東京ドームや神宮球場、横浜スタジアムに通い『こういう時はこうやってアナウンスするんだ』と勉強していました」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中