野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 首位巨人が4連勝 高木が7回2失点で3勝目、東京Dでヤクルトに6戦全勝

首位巨人が4連勝 高木が7回2失点で3勝目、東京Dでヤクルトに6戦全勝

首位の巨人がヤクルトを3-2で下し、4連勝を飾った。初回に亀井の2点タイムリーなどで3点を先制すると、先発・高木は7回5安打2失点と好投。救援陣も1点差を守りきり、逃げ切った。

初回に挙げた3点で逃げ切り勝利

 首位の巨人がヤクルトを3-2で下し、4連勝を飾った。初回に亀井の2点タイムリーなどで3点を先制すると、先発・高木は7回5安打2失点と好投。救援陣も1点差を守りきり、逃げ切った。

 初回、巨人は先頭長野のセンター前ヒット、立岡の四球、坂本のレフト前ヒットで、相手先発・原から無死満塁の好機を作る。ギャレットのニゴロの間に1点を先制すると、2死二、三塁となってから亀井がセンターへ2点タイムリー。幸先良く3点を奪った。

 先発は高木は2回、先頭のバレンティンにバックスクリーン左へのソロを浴び、2点差とされる。さらに2死二塁とピンチを背負ったが、中村を中飛に仕留めて無失点。4、5回は3者凡退に打ち取るなど、好投を続けた。

 高木は6回、2死三塁からバレンティンにレフトへのタイムリーも浴び、その後暴投で二塁にランナーを進めるも、雄平は一ゴロで3アウト。7回も四球から2死二塁とされるが、代打・飯原を空振り三振に仕留めて、リードを守った。

 8回はマシソン、9回は澤村とつなぎ、1点差で勝利。ヤクルトを本拠地で3タテし、連勝を「4」に伸ばした。今季、東京ドームではヤクルトに6戦全勝となった。高木は今季3勝目(3敗)となった。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中