野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、次回のリハビリ登板が3Aではなく2Aになった理由は?

気圧が影響? 17日(日本時間18日)に4度目のリハビリ登板に臨むレンジャーズのダルビッシュ有投手だが、今回、傘下2Aフリスコの試合で投げることになった理由を、地元紙「ダラスモーニングニュース」電子版が伝えている。

20150308_darvish

地元紙が報じる、対戦相手よりも環境重視?

 気圧が影響? 17日(日本時間18日)に4度目のリハビリ登板に臨むレンジャーズのダルビッシュ有投手だが、今回、傘下2Aフリスコの試合で投げることになった理由を、地元紙「ダラスモーニングニュース」電子版が伝えている。

 最近2試合は、傘下3Aラウンドロックの試合で登板したダルビッシュ。メジャーへの復帰を目指すリハビリ登板では、よりメジャーレベルに近い打者と対戦することを重視する場合が多いが、今回は「環境」を重視したようだ。

 記事では「傘下3Aラウンドロックは気圧の高いアルバカーキで試合をするため、変化球がうまく操れない。そこでダルビッシュは、(テキサス州)火曜日午前中に遠征地ミッドランドで行われる2Aフリスコ戦で登板することになった」と伝え、対戦相手のレベルよりも、球を投げる時の感覚を重視したことを明かしている。

 試合は現地時間で午前11時05分にスタート。5回75球程度が予定されている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング