野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ二木、「もったいない」連発 「ボールが甘く入ってしまった」

ロッテ二木、「もったいない」連発 「ボールが甘く入ってしまった」

「逆転のロッテ」は西武菊池の前に6回までわずか2安打。7回以降もバスケス、武隈、増田と完封リレーを許し、本拠地QVCマリンで0-3で敗戦。

20150717_futaki

打線も西武投手陣に完封リレー許す、伊東監督「今日はしょうがない」

「逆転のロッテ」は西武菊池の前に6回までわずか2安打。7回以降もバスケス、武隈、増田と完封リレーを許し、本拠地QVCマリンで0-3で敗戦。「今日はしょうがない。(菊池の)変化球でうまくかわされた」と伊東監督は脱帽するしかなかった。

 先発の二木は西武打線に対して、インコースを真っすぐで大胆に攻め、立ち上がりは完璧だった。しかし、3回に三塁・中村の失策から栗山の左中間二塁打で先制を許すと、4回は二死から木村昇を歩かせ、炭谷に初球の甘いスライダーを中前打とされる。そして、鬼埼の左中間二塁打で2点を加えられた。

「4回の2点タイムリーがもったいない。炭谷さん、鬼埼さんともボールが甘く入ってしまった。もったいない。悔いの残る1球。勝負所のボールをしっかり意識をもって投げていきたい」

 二木は「もったいない」を連発した。6回からルーキーの平沢が遊撃の守備に入り、8回には1軍で4度目の打席に入ったが、武隈のストレートに力ない三飛。16回目の逆転勝利を期待したファンのため息を誘った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング