野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中日・吉見が5回1失点の粘投で1年ぶり白星 堂上が3打点と活躍

中日・吉見が5回1失点の粘投で1年ぶり白星 堂上が3打点と活躍

中日の吉見一起投手が22日の本拠地・巨人戦で5回8安打1失点で今季初勝利を挙げた。3回に1点を失ったが、その後、打線が堂上の3打点などで逆転に成功。5-1で勝利し、2連勝を飾った。

full-count10

中日は巨人に連勝

 中日の吉見一起投手が22日の本拠地・巨人戦で5回8安打1失点で今季初勝利を挙げた。3回に1点を失ったが、その後、打線が堂上の3打点などで逆転に成功。5-1で勝利し、2連勝を飾った。

 今季5試合目の登板となった吉見は毎回走者を出す苦しい展開。3回には1死一、三塁からクルーズのタイムリー二塁打を浴びて先制点を許した。

 それでも打線が4回に大島の2号同点ソロ、堂上の勝ち越しタイムリーで逆転に成功すると、吉見は5回まで1失点で抑える力投を見せて降板。中日は6回にも堂上のタイムリーなどで3点を追加。吉見は昨年5月9日のヤクルト戦以来、約1年ぶりの白星となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング