野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島九里、6回2失点の好投で2年ぶり勝利 「2年前と今日の勝ちは全然違う」

広島九里、6回2失点の好投で2年ぶり勝利 「2年前と今日の勝ちは全然違う」

26日の巨人戦に先発した広島の九里亜蓮が、6回2失点で3-2の勝利に貢献し、今季初白星を挙げた。自身2年ぶりの勝利。3年目の右腕は、野手とリリーフ陣に感謝した。

野手とリリーフ陣に感謝、前回登板から「自分を見つめ直して今回の先発に」

 26日の巨人戦に先発した広島の九里亜蓮が、6回2失点で3-2の勝利に貢献し、今季初白星を挙げた。自身2年ぶりの勝利。3年目の右腕は、野手とリリーフ陣に感謝した。

「最低限ゲームを作ることができた。追いつかれた後にすぐ勝ち越してもらって、野手に感謝です」

 ルーキーイヤーの4月19日以来の勝ち星に、九里は笑顔。7回からはヘーゲンズ、ジャクソン、中崎が巨人の反撃を許さず、「あの3人なら絶対抑えてくれると思った。勝ちは率直にうれしいです」とリリーフ陣への信頼も明かした。

 今季は2軍スタートだったが、昇格後は中継ぎで好投し、先発の一角も任されるようになった。しかし、先発した3試合では、勝ち星はつかめなかった。

「前回と前々回の登板では、腕が振れていなかった。自分を見つめ直して今回の先発に臨んだ。今日は腕を振り切って投げられたのが大きい」

人気記事ランキング