野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、今季最多の貯金15にも「大丈夫と思うと、隙が生まれる」

26日、ソフトバンク-オリックスは4-3でソフトバンクが勝利。5月6日からの楽天戦以来、今季2度目の同一カード3連勝を飾った。

201604007_kudo

サイクル安打目前の今宮を称賛、「順応性、対応力ある」

 26日、ソフトバンク-オリックスは4-3でソフトバンクが勝利。5月6日からの楽天戦以来、今季2度目の同一カード3連勝を飾った。

 打のヒーローは、シングルヒット、ソロ本塁打、勝ち越しのタイムリー三塁打を放った今宮健太。投のヒーローは、先発の中田賢一が作ったピンチを救い2回2/3を投げて勝利投手となった飯田優也。試合後の工藤公康監督は、もう少しでサイクルヒットという今宮について「良かったと思います」と切り出した。

「(アーリーワークで)関川コーチや藤井コーチが一生懸命教えてくれたことを続けてくれているので、力を入れなくてもボールが飛ぶことを感じてくれていると思う。順応性、対応力があるということだろう。今日がひとつのきっかけになってくれたら、下位から上位へのつながりが良くなり、得点できるようになるはず」

 さらに、4回の1死満塁から相手の1、2番を打ち取った飯田については「よく抑えてくれたと思う。飯田くんがいいピッチングをしてくれたので、いい展開になった」と称賛。3回1/3を2失点の先発・中田は「久しぶりだったところもある」とかばいながらも、工藤監督なりの分析を明かした。

人気記事ランキング