野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス飯田、中継ぎで今季初白星 「みんなの勝利。その一員になれた」

26日のオリックス戦、中継ぎとして2回2/3を投げ、今季初白星を手にしたソフトバンク飯田優也。

20160526_ida

「ピンチの時ほど冷静に」、1死満塁から登板し完璧な火消し

 26日のオリックス戦、中継ぎとして2回2/3を投げ、今季初白星を手にしたソフトバンク飯田優也。先発・中田賢一が押し出しの四球を与えて同点とされた直後、なお1死満塁という大ピンチでの登板となった。

「自分の持ち味を出そうと思った」と語る飯田は、1番・西野真弘をショートライナー、2番・小島脩平をショートフライに打ち取って、見事な火消しを見せた。

「気落ち的には自然とアドレナリンが出るし、気合も入る場面。ただ、『ピンチの時ほど冷静に』と考えて、それができたと思う。最初の打者をアウトにしても『チェンジになるまでは』と思ってしっかりやれた」

 続く5回には、先頭の糸井嘉男を四球で出した後に連続三振で2死とするも、続く小谷野栄一の打球が大きくイレギュラーして、不運な形で同点とされた。

人気記事ランキング