野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 最強左腕カーショーが今季100奪三振 四球はわずか「5」で割合は驚異の20:1

最強左腕カーショーが今季100奪三振 四球はわずか「5」で割合は驚異の20:1

29日(日本時間30日)に敵地でのメッツ戦で今季11度目の先発マウンドに上がったドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手が、早くもシーズン100奪三振に到達した。ESPN電子版が伝えている。

20160530_kershaw

さらに5奪三振で試合終了時には割合が21:1に、指揮官も「想像を超えている」

 29日(日本時間30日)に敵地でのメッツ戦で今季11度目の先発マウンドに上がったドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手が、早くもシーズン100奪三振に到達した。ESPN電子版が伝えている。

 この日、勝敗こそつかなかったが、7回2/3を投げて4安打10奪三振無四球2失点(自責2)だった左腕は、3回1死からメッツ先発コロンを見逃し三振とし、今季100奪三振を記録。さらに5つの三振を奪って、降板時には86回2/3で105奪三振とした。

 昨シーズンに自己最多となる301奪三振という数字を打ち立てたが、100個目の三振を奪ったのは、シーズン12度目の先発だった6月6日カージナルス戦でのこと。今季はそれを上回るペースになっている。

 さらに、驚くべき数字がある。100奪三振を記録する一方で、与えた四球数はわずかに5。記事によれば、2010年にクリフ・リー(マリナーズ→レンジャーズ)が成し遂げた100奪三振で7四球という記録を上回り、近代野球では初の快挙となった。

 今季100奪三振時点での奪三振数と四球の割合は20:1。試合終了時点では21:1となった。昨季はおよそ5:1だっただけに、飛躍的に向上している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中