野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ復帰は「絶妙のタイミング」 先発陣立て直しで地区Vへ有利に

28日(日本時間29日)に右肘靱帯再建手術から復帰を果たし、670日ぶりにメジャーでの勝利を飾ったレンジャーズのダルビッシュ有投手。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイティッド」電子版では「ダルビッシュの力強い復帰が、レンジャーズ先発ローテ立て直しを完成させる」と題し、右腕の復帰を「絶妙のタイミング」と評価している。

「違いを生む」ダルビッシュ、米メディアは「サイ・ヤング賞候補だった頃の姿」と絶賛

 28日(日本時間29日)に右肘靱帯再建手術から復帰を果たし、670日ぶりにメジャーでの勝利を飾ったレンジャーズのダルビッシュ有投手。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイティッド」電子版では「ダルビッシュの力強い復帰が、レンジャーズ先発ローテ立て直しを完成させる」と題し、右腕の復帰を「絶妙のタイミング」と評価している。

 最速は98マイル(約158キロ)に達する力強い投球で、5回81球を投げ、3安打7奪三振1失点という圧巻の投球を披露したダルビッシュ。記事では、「怪我前にサイ・ヤング賞候補エースだった頃の姿」を彷彿させた29歳右腕の復帰こそ、混戦が予想されるア・リーグ西地区でレンジャーズが好調マリナーズとの「違いを生む」要因になるとしている。

 力強いフォーシーム(直球)が中心となった復帰戦は、スライダーやカーブ、ツーシーム、カットボールなどパイレーツ打線を幻惑し、81球のうち空振りを13度奪った。打線の援護を受けながら、ほぼ完璧なピッチングを見せたが、もし「何か修正する点があるとすれば、2度の盗塁だった」と記事では指摘。特に、5回にセルベリに対して許した2つ目の盗塁は失点につながっただけに、防ぐ必要があったかもしれない。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中