野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム大谷は王貞治級? 野手で全143試合出場ならシーズン55本塁打ペース

日ハム大谷は王貞治級? 野手で全143試合出場ならシーズン55本塁打ペース

日本ハムの大谷翔平投手が、31日のヤクルト戦(札幌ドーム)で2年ぶりの2桁本塁打へ王手をかけた。

31日のヤクルト戦で今季9本塁打目、もし「野手専念」なら…

 日本ハムの大谷翔平投手が、31日のヤクルト戦(札幌ドーム)で2年ぶりの2桁本塁打へ王手をかけた。

「6番・投手」で先発した29日の楽天戦(コボスタ宮城)から中1日。「5番・DH」でスタメン出場した。大谷らしい左越えアーチが生まれたのは、7回先頭だった。1ボールから、デイビーズの高め直球に反応。強引に振り抜いた打球は、ライナーで左中間席へ飛び込む9号ソロとなった。14年に記録したシーズン10本塁打へもあと1本に迫った。

 投手専念論が根強いが、もし「野手専念」だったら…。驚きの数字が出た。「6番・投手」で先発した5月29日の楽天戦(コボスタ宮城)を含め、今季野手では23試合出場で9本塁打を打っているが、全143試合出場した場合はシーズン55本塁打ペース。13年にヤクルト・バレンティンに破られるまで長年プロ野球記録だった王貞治氏のシーズン55本塁打と同じ破壊力と算出された。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中