野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 楽天オコエがプロ初適時打 フレッシュな選手たちが上昇気流を生めるか

楽天オコエがプロ初適時打 フレッシュな選手たちが上昇気流を生めるか

楽天のオコエ瑠偉外野手が、1日の阪神戦でプロ入り初の適時打を放った。

20160326_okoye_atp

2軍での経験が生きた一打、「ノーステップで対応する技術を覚えた」

 楽天のオコエ瑠偉外野手が、1日の阪神戦でプロ入り初の適時打を放った。4点ビハインドの4回2死二塁、2ボール2ストライクからセンターへタイムリー二塁打。「タイムリーが打てて、素直に嬉しいです。追い込まれてから、ファームでやってきた経験を生かせた」とうなずいた。


楽天・オコエ瑠偉のプロ入り初適時打動画

 前夜の5月31日はプロ初安打を含む2安打で結果を残すと、この日は初の長打。普段見せないノーステップで打ち返した。生きたのは2軍での経験。「横浜DeNAの久保さんと対戦したとき、速いクイックにタイミングが合わせられず、ノーステップで対応する技術を覚えた」。試行錯誤を打席でも繰り返し、着実な成長を遂げた。

 しかも、決して長打コースではない当たりで、快足を飛ばして二塁へ。「オーバーランした際、野手の動きを見て、隙があれば次の塁を狙おうと思っていました」と走塁中も冷静に状況を判断し、好結果を生んだ。梨田監督も「今のウチに必要なこと」と、その走塁の姿勢を絶賛した。

人気記事ランキング