野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム陽岱鋼が先制タイムリー 西川に感謝「遥輝の走塁も大きかった」

日ハム陽岱鋼が先制タイムリー 西川に感謝「遥輝の走塁も大きかった」

日本ハムの陽岱鋼外野手が4日の巨人戦(東京ドーム)で先制タイムリーを放った。

巨人東京ドーム

2試合ぶりの打点となる適時二塁打

 日本ハムの陽岱鋼外野手が4日の巨人戦(東京ドーム)で先制タイムリーを放った。

 初回1死三塁。1ボール2ストライクと追い込まれたが、左腕・今村の真ん中に入る141キロ直球を逆らわずに一塁線へ打ち返した。前夜は5番だったが、この日は3番スタメン。2試合ぶり打点となる適時二塁打で先制点を奪った。

 初回は先頭・西川が、左翼・大田が打球処理にもたつく間に左前安打を二塁打に。失策はつかなかったが、相手のスキをつく走塁でつかんだチャンスだった。陽岱鋼は「2ストライクに追い込まれたから、三振だけは避けたいと思って、なんとかバットに当てることを考えてました。(西川)遥輝の走塁も大きかった。先頭がシングルで出るのと二塁打で出るのでは全然違う」とコメントした。

 初回1死一、二塁では今村のワンバウンドするスライダーをはじいた捕手・小林誠がボールを見失う間に二塁から一気に本塁生還した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中