野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、降板前に「まだまだ」伝える 指揮官は「究極の闘争心」と称賛

ダルビッシュ、降板前に「まだまだ」伝える 指揮官は「究極の闘争心」と称賛

5回2/3を投げて6安打5奪三振3失点(自責3)の好投で今季2勝目を飾ったレンジャーズのダルビッシュ有投手。試合後、6回途中で降板した際の様子を明かした右腕について、球団公式サイトは「闘争心を見せたダルビッシュが再び勝利」と題した記事で称えている。

復帰後2連勝、球団公式サイト「闘争心を見せたダルビッシュが再び勝利」

 3日(日本時間4日)に復帰2戦目の先発マウンドに上がり、メジャー最多本塁打数を誇る強力マリナーズ打線を相手に、5回2/3を投げて6安打5奪三振3失点(自責3)の好投で今季2勝目を飾ったレンジャーズのダルビッシュ有投手。試合後、6回途中で降板した際の様子を明かした右腕について、球団公式サイトは「闘争心を見せたダルビッシュが再び勝利」と題した記事で称えている。

 6-2と4点リードで6回のマウンドへ戻ったダルビッシュは、先頭カノに左翼へ二塁打を浴びると、自らの暴投で1死三塁としたところでシーガーにライトへ適時打を浴び、3点目を失った。ここでブロケイル投手コーチがマウンドを訪れ、右腕の状態を確かめた。続くリンドを一ゴロに仕留めて2死一塁としたところで、今度はバニスター監督が投手交代を告げるために姿を現した。

 地元紙「スターテレグラム」電子版によれば、ダルビッシュは「次が李大浩だったので、対戦を楽しみにしていましたし、投げたいっていう気持ちが強かったけど、マウンドに監督が来てからそう言ったら『遅い』って言われました」と本音をポロリ。「(監督がダグアウトから)歩いてくる時に、監督に目を合わせて『まだまだ』って伝えたんですけど、目をそらして(球審に投手交代を告げるため)手を上げて…」とジョークを飛ばす余裕を見せたという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中