野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神能見、5戦連続QSも…その間1勝3敗 打線が10安打も1得点のみで連敗

阪神能見、5戦連続QSも…その間1勝3敗 打線が10安打も1得点のみで連敗

阪神・能見篤史が7日のロッテ戦(QVC)に先発。6回8安打を浴びながらも2失点と粘投を見せたが、打線の援護なく5敗目を喫した。

20160212_阪神

6回8安打2失点の粘投も援護なく5敗目

 阪神・能見篤史が7日のロッテ戦(QVC)に先発。6回8安打を浴びながらも2失点と粘投を見せたが、打線の援護なく5敗目を喫した。

 投手を評価する基準の一つともいえるクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以下)を5試合連続で続けている。だが、その直近5試合は1勝3敗。好投を続けながら勝ち星から見放されている左腕は「最少失点ということもあるし、勝つチャンスを作るということでね」とコメントを残した。

 2回はデスパイネ、井口、ナバーロに3連打を浴び先制を許したが、後続を抑え1失点で切り抜けた。毎回のように走者を出しながらも決定打を許さず迎えた6回。先頭のナバーロに左翼席へ手痛いソロを浴びリードを2点に広げられた。左肘の不安を抱えており、球数の100球前後と制限されている。疲労が見え始めた6回に浴びた一発だった。

人気記事ランキング