野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 262安打の記録誕生秘話 イチローと殿堂入りの元名手・モリター監督が育んだ強い絆

262安打の記録誕生秘話 イチローと殿堂入りの元名手・モリター監督が育んだ強い絆

もしイチローがツインズのユニフォームを着て3000本安打への道を歩んでいたら――。ツインズの地元紙「パイオニアプレス」電子版が、ツインズのモリター監督とマーリンズのイチロー外野手をつなぐ強い信頼感について紹介している。

年間最多262安打の2004年、打撃コーチは四球増を勧めたが…

 もしイチローがツインズのユニフォームを着て3000本安打への道を歩んでいたら――。ツインズの地元紙「パイオニアプレス」電子版が、ツインズのモリター監督とマーリンズのイチロー外野手をつなぐ強い信頼感について紹介している。

 現在ツインズを率いる殿堂入り三塁手ポール・モリター監督は、イチローがマリナーズ時代の2004年、メジャー最多となる年間262安打を記録した時の打撃コーチだった。また、モリター監督もイチローも代理人はジョン・ボッグス氏。そんな縁もあり、2014年オフにモリター監督がツインズ監督に就任した際、当時フリーエージェントだったイチローの獲得を球団首脳に積極的に勧めたそうだ。結局、イチローはマーリンズと1年契約を結び、2人が共闘することはなかった。

 記事では、イチローがジョージ・シスラーの記録を破った2004年に焦点を当て、それぞれに当時の様子を聞いている。

 当時ボブ・メルビン監督(現アスレチックス監督)の下で打撃コーチだったモリター氏は「キャンプを通じて、打席で積極的にバットを振るイチローに球数をかせいで四球を選ぶように言い続けた」という。だが、開幕から49打数で打率.277、2四球と調子の上がらなかったイチローにこう言ったという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中