野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 2位ロッテと7.5ゲーム差 首位ソフトバンクを支える投打の軸

2位ロッテと7.5ゲーム差 首位ソフトバンクを支える投打の軸

ヒーローインタビューからも、チームと、それを見守るファンの雰囲気の良さが伝わってきた。福岡ソフトバンクが横浜DeNAに勝利。3連勝中と好調の横浜DeNAから連勝し、カードの勝ち越しを決めた。

20160329_wada

パトップの7勝目挙げた和田、12Kに「まさかこんなに三振が取れるとは」

 ヒーローインタビューからも、チームと、それを見守るファンの雰囲気の良さが伝わってきた。福岡ソフトバンクが横浜DeNAに勝利。3連勝中と好調の横浜DeNAから連勝し、カードの勝ち越しを決めた。勝利を呼び寄せたのは、先発の和田投手と柳田外野手。投打のヒーローが、お立ち台に呼ばれた。

 築き上げる三振の山が、気合の裏返しだった。初回のアウトはすべて三振。「真っすぐの低めの制球が良かった。スライダーもチェンジアップも、真っすぐが良かったから生きた」と和田。5月4勝でセ・リーグの月間MVPに輝いた石田との投げ合いを制し、7回を投げて12奪三振、1失点。「まさかこんなに三振が取れるとは思っていなかった」と苦笑いで振り返った左腕に、工藤監督も「僕も経験あるのですが、初回に3つ三振取るとあまりいい経験がない。でも和田君はさすがですね」と褒めたたえた。

 ここまでリーグトップの6勝で複数人が並んでいたが、この勝利で単独トップの7勝目。「チームがしっかり打ってくれるし、めぐり合わせもある」と、浮かれる様子もなく、打線に感謝した。

 その打線の主役となったのが柳田。3回2死二塁、5球目のストレートを思い切りよく振り抜くと、一瞬でスタンドに届くような、弾丸ライナーの9号2ラン。5回2死一、三塁、中前適時打で追加点もたたき出した。

ホークス・和田投手・柳田選手ヒーローインタビュー【動画:パ・リーグTV】

人気記事ランキング