野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク内川が3回に先制打 巨人・菅野から1点を奪う

ソフトバンクの内川聖一外野手が10日の巨人戦(東京ドーム)で先制タイムリーを放った。

ソフトバンク

防御率0点台エースから貴重な先制点を演出

 ソフトバンクの内川聖一外野手が10日の巨人戦(東京ドーム)で先制タイムリーを放った。

 3回2死一、二塁。1ボール1ストライクから、菅野の内角シュートにつまりながらも右翼方向へ打ち上げた。右翼・長野が懸命に飛び込んだが届かず。2死でスタートを切っていた二塁走者・今宮が生還する適時打となった。

 前夜のDeNA戦(ヤフオクドーム)は中犠飛を打ったものの、無安打に終わっていた安打製造機。防御率0点台の右腕から価値あるタイムリーとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング