野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク内川が勝ち越しの満塁弾 工藤監督は「これぞさすが4番」

11日、ソフトバンクは巨人に8-3と快勝。このカードの勝ち越しを決めた。

20160424_kudo

巨人に快勝、「3~5番がつなぐことも仕留めることもある。それがウチの野球」

 11日、ソフトバンクは巨人に8-3と快勝。このカードの勝ち越しを決めた。

 初回に1点を先制されるも、3回に牧原大成の内野安打からつないで1死満塁。柳田悠岐が押し出しの四球をz選んで同点とした直後、内川聖一がレフトスタンドに豪快な満塁弾を放って勝ち越した。2点を返された直後には、柳田が2点タイムリー。7回には内川がこの日2本目となるソロ本塁打を放って巨人を突き放した。

 工藤公康監督は「3回はつないでくれたね」と、ご機嫌な表情で勝ち越した場面について語った。

「ピッチャーに徐々にプレッシャーがかかるところで、ヒットも出たし四球もしっかり選んでくれた。(内川の満塁弾は)本当に、これぞさすが4番というところ。(柳田には)勝負にはいっていたんだろうけど、押し出しになって、ピッチャーからすれば早くストライクがほしいところを見逃さなかった。今宮くんも調子がいいし、城所くんも足がある。そこから3番、4番、5番がつなぐこともあり、仕留めることもある。それがウチの野球」

人気記事ランキング