野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、地元紙に語る 日米通算で最多安打更新は「大きなことではない」

イチロー、地元紙に語る 日米通算で最多安打更新は「大きなことではない」

マーリンズのイチロー外野手が、“歴代最多安打”に着々と近づいている。11日(日本時間12日)の敵地ダイヤモンドバックス戦では代打で一塁強襲内野安打をマーク。

20160608_ichiro

歴代最多のローズまでいよいよ4本、日米通算記録について地元紙が特集

 マーリンズのイチロー外野手が、“歴代最多安打”に着々と近づいている。11日(日本時間12日)の敵地ダイヤモンドバックス戦では代打で一塁強襲内野安打をマーク。メジャー通算2974安打として3000安打に26本とし、日米通算では4252安打でピート・ローズの歴代最多安打4256本までは、いよいよ残り4本となった。日米合算のため、現地では参考記録という声も多い中、背番号51は「個人的には大きなことではない」とクールに“イチロー節”を貫いている。地元紙「サン・センチネル」が「ローズの通算安打数への追求はマーリンズのイチローにとっては大問題ではないが、日本ではビッグニュース」と特集している。

 記事では、「イチロー・スズキがピート・ローズを凌駕しようとしているが、アメリカのベースボール界は彼の通算最多安打をどう扱うか不透明だ」と、日米通算記録について報じている。

 イチローは2001年に27歳でオリックスからマリナーズに移籍するまで、NPBで1278本の安打を積み上げてきた。日米合算の数字を参考記録とする声はアメリカで少なくないが、日本では注目の的となっている。ただ、ミネソタ、アリゾナと遠征5試合で17打数8安打と好調ぶりを維持するイチローは、周囲の喧騒にもどこ吹く風。いつものクールな姿勢を崩していない。

「もしも、人々が重要と思うなら、素晴らしいことです。そう思わなくても、問題ありません。小さなことだとは思いませんが、大きなことでもないと思います。それが自分の見方ですね。本当ですよ」

 “ローズ超え”の重要性について聞かれた安打製造機は、同紙にこう語ったという。さらに、「自分にとっても大きなことではありません。自分はそのためにプレーしているわけでもありません。個人的には特に関心はありません」ともコメントしている。

人気記事ランキング