野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • Aロッド、イチロー50歳現役計画に驚愕「椅子から転げ落ちそうだった」

Aロッド、イチロー50歳現役計画に驚愕「椅子から転げ落ちそうだった」

ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が、15日に日米通算4257安打に達したマーリンズのイチロー外野手との秘話を、球団公式サイトで明かしている。

20160617_ichiro

10年以上前のイチロー宅訪問秘話、夕食中の告白に仰天

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が、15日に日米通算4257安打に達したマーリンズのイチロー外野手との秘話を、球団公式サイトで明かしている。

侍ジャパンU-15代表を率いる鹿取監督が若い世代に期待すること、代表チームに入る意義とは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ロドリゲスは1994年にマリナーズでデビューしたが、2001年にイチローと入れ替わるようにレンジャーズへ移籍した。チームメイトではなかった2人だが、2002年前後のある日、イチローはロドリゲスをシアトルの自宅へ招待。一緒にディナーを楽しむ席で、50歳まで現役を続ける計画を明かしたという。

 これを聞いたロドリゲスは「危うく椅子から転げ落ちそうになった」と当時を振り返り、「彼はとてつもない情熱と集中力を持っている。素晴らしい」と、42歳ベテランを称賛したそうだ。日本球界に敬意を払いながらも、ロドリゲスはピート・ローズ氏が安打王という見解を示している。それでもイチローへの敬意は変わらず「今まで出会った選手の中で誰よりも優雅で、誰よりも独創性がある」と話している。

人気記事ランキング