野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 開幕前の予想覆したイチロー 米紙が誤り認めて“凄さ”検証

開幕前の予想覆したイチロー 米紙が誤り認めて“凄さ”検証

米主要紙「ワシントン・ポスト」電子版では、「イチロー・スズキは開幕前の予想が間違っていたと証明している。これがその理由」と題した記事で、今季の活躍を検証している。

大半は今季3000本到達困難の予想、開幕前の打率予想は.250前後

 15日(日本時間16日)に敵地のパドレス戦で2安打を放ち、日米通算4257安打としたマーリンズのイチロー外野手。日米通算安打数でピート・ローズの歴代最多安打(4256本)を超えたイチローは、メジャー通算安打と2979安打とし、3000本安打まで残り21本となった。次なる金字塔は射程内だが、開幕前にこの好調を予想した人はいただろうか。米主要紙「ワシントン・ポスト」電子版では、「イチロー・スズキは開幕前の予想が間違っていたと証明している。これがその理由」と題した記事で、今季の活躍を検証している。

侍ジャパンの未来を担う大砲 筒香嘉智が育った“原点”に迫る(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 昨季マーリンズに加入したイチローは第4の外野手として、キャリアワーストの打率.229を記録。メジャー16年目の今年は42歳という年齢も加味され、野球専門の米データサイト「ファングラフス」など複数のサイトでは、レギュラーとして十分な出場機会が与えられた場合「打率.249から.251が妥当」と予想されていたという。記事の執筆者でもあるニール・グリーンバーグ記者自身も「最も楽観的な見方をしても173打数43安打で、今季3000本達成は疑わしいという原稿を書いていた」と告白している。

 記事内では、大方の予想が間違っていたことを、さまざまなデータを紹介しながら検証している。今年は全打席に対して約9.3パーセントの割合で四球出塁をしていて、これは2002年の自己最高値に迫る勢いだそうだ。結果として、三振の割合(約5パーセント)は最近3シーズンの半分に減少。イチローが見逃し三振をしたのは140打席でわずか2度、空振り三振の割合は昨季の7.9パーセントから3.5パーセントに減っているという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中