野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハムが今季5度目の零封負け 栗山監督「オレのせい」

日ハムが今季5度目の零封負け 栗山監督「オレのせい」

日本ハムは17日の中日戦(ナゴヤドーム)で0-1で今季5度目の零封負け。中日の3安打を上回る5安打を放ったものの1点が遠く、栗山英樹監督は「オレのせい」と自らを責めた。

ジョーダンの投球に打者「イライラ」

 日本ハムは17日の中日戦(ナゴヤドーム)で0-1で今季5度目の零封負け。中日の3安打を上回る5安打を放ったものの1点が遠く、栗山英樹監督は「オレのせい」と自らを責めた。

 6回から3イニング連続で先頭打者を出し、得点圏まで走者を進めた。しかし、8回2死一、三塁で4番・中田が空振り三振に倒れるなど好機で1本が出なかった。試合後、栗山監督は淡々と敗戦の弁を口にした。

「チャンスをどっちが生かすかという試合はある。こっちは選手を信じて、得点圏に走者を進めながらいくしかない。なかなかベンチも動くのが難しかった。ただ、あそこまで攻めて点が取れないのはオレのせい。明日なんとかします」

 中日先発の左腕・ジョーダンには5回まで毎回8三振。140キロ台中盤の伸びのある直球の攻略法を見い出せなかった。各打者は軸足の左脚でじっくりと体重をためる投球フォームに苦しんだという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中