野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島ドラ1岡田、プロ8戦目で初勝利なるか 糸井を警戒「ゲーム作りたい」

広島ドラ1岡田、プロ8戦目で初勝利なるか 糸井を警戒「ゲーム作りたい」

広島の岡田明丈が18日のオリックス戦に先発する。ここまで好投を続けながら勝ち星に恵まれないドラフト1位ルーキーが、8戦目のプロ初勝利を目指す。

20160402_okada

ドラ1ルーキーが地元でプロ初勝利誓う

 広島の岡田明丈が18日のオリックス戦に先発する。ここまで好投を続けながら勝ち星に恵まれないドラフト1位ルーキーが、8戦目のプロ初勝利を目指す。

 岡田はここまで7試合に登板して0勝2敗だが、防御率は2.92と合格点の数字を残している。5月中旬に先発ローテ入りを果たしてからは、5試合中4試合でクオリティースタート(6回を自責3以内)を記録し、残る1試合も5回降雨コールドで1失点と、抜群の安定感を見せている。

 岡田は「今まで通り、しっかりゲームを作って、その結果が白星になればいい」と平常心を強調した。現在の投球に関しては「ランナーを出した時は、力を入れて投げているように見えると指摘された。これからはランナーがいない時から、そういう投球をしたい」と話した。

 オリックス打線の印象については「糸井さんの調子がいいようなので、それは注意したい」と、打率3割を超え、最近2試合でリードオフマンを務める主砲を警戒した。

 マツダスタジアムでは、今季チームは21勝9敗1分と圧倒的な強さを誇り、岡田も2試合で防御率2.31と好投している。岡田は「ファンがすごく応援してくれるので、それは大きいし、頑張らなければいけないと思う」と、地元でのプロ初勝利を誓った。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング