野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム岡が判定二転三転の“珍盗塁” セーフ→アウト→セーフに

日ハム岡が判定二転三転の“珍盗塁” セーフ→アウト→セーフに

日本ハムの岡大海外野手が20日のDeNA戦(横浜)で“珍盗塁”を決めた。

日本ハム

3回の盗塁で判定が二転三転

 日本ハムの岡大海外野手が20日のDeNA戦(横浜)で“珍盗塁”を決めた。

 今季初めて1軍昇格し、「1番・右翼」でスタメン。3回1死の第2打席で中前安打を放つと、続く中島への3球目で二塁へスタート。快足を生かして二盗としたが、左足がベースから離れたのを見た遊撃・倉本がタッチ。一度セーフの判定を下していた二塁の佐々木審判は慌ててアウトジャッチとした。

 ここで岡が猛抗議。手が二塁ベースにさわっていることをアピール。すると、再びセーフの判定に覆った。

 岡は今季初盗塁だったが、セーフ→アウト→セーフと再三判定が覆った。“問題”のジャッチに、DeNA・ラミレス監督は抗議することはなく、日本ハム・栗山監督もベンチで少し 呆れたような表情を浮かべていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング