野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

『覚醒中』SB城所が交流戦MVP 賞金は両親へのプレゼントとサプリメント代に

22日、全体練習が行われたHAWKSベースボールパーク筑後で会見を行った城所は「うれしく思いますし、驚いています」と満面の笑顔を見せた。

20160622_kidokoro

「守備や走塁でしっかり貢献できた」、最大の持ち味を生かす

 ソフトバンクの城所龍磨が日本生命セ・パ交流戦の最優秀選手賞(MVP)を獲得した。城所は交流戦15試合に出場し、12球団最高の打率.415を記録したほか、本塁打5本、打点12、盗塁6でチームの2年連続最高勝率に大きく貢献した。城所には日本生命保険相互会社から賞金200万円が贈られる。

 22日、全体練習が行われたHAWKSベースボールパーク筑後で会見を行った城所は「うれしく思いますし、驚いています」と満面の笑顔を見せた。

「できすぎですね。1日、1日、昨日の結果は忘れて『今日、自分に何ができるのか』を考えてやってきました。ホームランはたまたまですが、守備や走塁でしっかり貢献できたと思いますし、それが自分の持ち味なので、これからもそれをやってきたいです」

 走塁・守備のスペシャリストとして1軍ベンチに欠かせない存在だった城所も、昨シーズンは骨折と脱臼で1軍出場はわずか1試合。それでもオフからトレーニングを続け、今シーズンは開幕1軍の座を獲得した。

「去年ケガでチームに貢献できなかったというか野球もできなかった。その1年間の思いをもってキャンプからやってきました。体重を81キロから75キロに落として、神経系まで意識がいくトレーニングをしたことで、自分でも体の変化というか、自分が思った動き、反応ができるようになった。今でもそのトレーニングは続けています」

人気記事ランキング