野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「最大5点差」土俵際まで追い込まれた首位・福岡ソフトバンクが見せた底力

「最大5点差」土俵際まで追い込まれた首位・福岡ソフトバンクが見せた底力

ヒーローインタビューで語った福岡ソフトバンク・今宮選手の力強いコメントが全てだった。

逆転勝利の立役者・今宮の力強い一言「これがホークスの力だと思います」

 ヒーローインタビューで語った福岡ソフトバンク・今宮選手の力強いコメントが全てだった。

「これがホークスの力だと思います」

 5点差を追い付き、延長戦で試合を決める。首位・福岡ソフトバンクが、好調の2位・千葉ロッテを終盤の猛攻で下した。

 デスパイネ選手、ナバーロ選手の3本塁打で6得点。開いた点差は5点。誰もが千葉ロッテの勝利を信じて疑わなかっただろう。「ファンの皆さんも負けたかと思ったかもしれませんけど」とは今宮選手。しかし、試合の流れが大きく福岡ソフトバンクに傾いたのは8回だった。1死一、二塁、柳田選手、内川選手、長谷川選手、松田選手と4者連続タイムリー。福岡ソフトバンクの誇る強打者カルテットが目を覚まし、土壇場で同点に追い付いた。
 
 9回1死満塁というチャンスは無得点に終わったが、球場のお祭りムードが消えることはなかった。延長10回2死一塁、今宮選手が左中間を割るサヨナラのタイムリー。「メチャうれしかったです」。柳田選手でも内川選手でもなく、この日の主役はこの男だった。


ホークス・今宮選手ヒーローインタビュー【動画:パ・リーグTV】

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中