野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季初カード3連敗 大谷に“完敗”、SB工藤監督「やられました。見ての通り」

3日、ソフトバンクは日本ハムに0-2で連日の零封負け。今季初の同一カード3連敗を喫し、2位に浮上した日本ハムとのゲーム差は6.5に縮まった。

先発の中田には「悪くはなかった」も…大谷の衝撃先頭打者弾に「先制パンチとして痛かった」

 3日、ソフトバンクは日本ハムに0-2で連日の零封負け。今季初の同一カード3連敗を喫し、2位に浮上した日本ハムとのゲーム差は6.5に縮まった。

“レジェンド”山本昌氏が語る侍ジャパンの魅力「ここから5年は本当に強い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本ハムは先発の大谷翔平を1番打者に起用。その大谷が、ソフトバンクの先発・中田賢一の初球を本塁打する衝撃的な幕開け。6回には、内川聖一のエラーをきっかけに満塁とされると、中田翔への押し出し死球で2点目を献上。ソフトバンク打線は、大谷に対して初回から4イニング連続で得点圏に走者を置きながら「あと一本」が出なかった。

 試合後の工藤公康監督は「(大谷に)やられました。見てのとおりです」とひと言。打者・大谷に浴びた先頭打者弾についても「先制パンチとしては痛かったね」と振り返った。

 6回1/3を投げ、2失点で負け投手になった中田については「いつもみたいに四球、四球というわけではなかったし、2点目は押し出しの死球こそあったけど、それも逃げてのピッチングではなかったからね。内容的には悪くはなかった」と評価する。

 その中田を援護すべき打線は、大谷に8回で10個の三振を奪われ、スコアボードに「0」を並べていった。

「見逃しじゃなければ、打ちにいっての三振ならいいんだよ。ボール球を振るのは良くないけどね。相手ピッチャーだって三振を取りにくるわけだから。三振が悪いんじゃなくて、相手が投げたいような配球で抑えられていることが問題。そこは、バッター心理よりもむしろピッチャー心理を理解しないといけない。昨日の有原くんもそうだけど、(大谷も)こっちがまっすぐを狙っていると思ったら早目に変化球に変えてきた。それにどう対処するかが大事なんだ」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中