「飄々と」チーム支える中継ぎ DeNA三上、本拠地での球宴へ「特に楽しみ」

プロ1年目も監督推薦で球宴出場、今回は第2戦が本拠地・横浜「お客さんもいっぱい入ってくれる」

 社会人野球の名門・JX-ENEOSで都市対抗大会を制覇し、13年のドラフト4位で入団。1年目は守護神として活躍し、オールスターに監督推薦で初出場した。昨季は右肘痛で出遅れたこともあり、「1年間、怪我をすることなく投げ続けること」と目標を掲げていた今年は、ルーキーイヤー以来の出場となった。今回は第2戦が本拠地・横浜スタジアムで行われる。

「非常に光栄だし、うれしいこと。いろんな選手とも交流できるし、いつも投げている球場なので、お客さんもいっぱい入ってくれると思う。特に楽しみです」

 三上のほかにも、ヤクルト秋吉、オリックス塚原ら、主に中継ぎとして活躍している選手も選出。試合展開によって毎試合のように肩を作り、貢献してきた彼らだが、クローズアップされるのはよほどのピンチを抑えた時か、皮肉にも打たれた時ばかりだ。

 現在のプロ野球界のトップ選手が一堂に会し、力と技をぶつけ合う年に一度の機会。注目度満点の夢舞台だから、普段は縁の下の力持ちでチームを支える中継ぎ陣の奮闘に着目するのも、オールスターを楽しむ方法の一つになるかもしれない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAセ・リーグ

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY