野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

SBに42イニングぶり適時打 内川、中村晃、吉村の3連続適時打で3点先制

ソフトバンクは6日、敵地オリックス戦でチーム42イニングぶりの適時打が飛び出し、連敗脱出へ向けて先手を取った。

full-count18

初回に3得点で連敗脱出へ先手取る

 ソフトバンクは6日、敵地オリックス戦でチーム42イニングぶりの適時打が飛び出し、連敗脱出へ向けて先手を取った。

 パ・リーグ首位のソフトバンクは5日まで4連敗。さらに、41イニング連続適時打なしで3試合連続完封負けと、まさかの貧打にあえいでいた。連敗脱出を目指すこの日は、前日に続いて打線を組み替え。松田が「1番・三塁」、中村が「5番・左翼」に入った。

 すると初回、松田がオリックス先発・東明から9球粘って四球で出塁。今宮の投ゴロで二塁に進むと、柳田は四球で一、二塁とチャンスを広げた。ここで内川がセンター前ヒット。42イニングぶりの適時打で先制した。

 さらに、続く中村晃がライト、吉村もセンターへタイムリー。3連続適時打で初回に3点を奪取した。4連敗で2位・日本ハムには5.5ゲーム差に迫られている王者だが、連敗脱出となるか。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング